やっぱ対局しないと・・・

対局しないと極端に書くことがない。
私事だらけ書いていくとこのブログの意味を忘れてしまいそうだしね。

かといって書くことが無いのでは本末転倒。
もともと書くことは好きだから何かテーマでも決めてずらずらと何か書こうかなとも思うけど、やっぱりそれは何か違う気がするからなぁ。

そういえばこのブログに来てくれている人が最近増えてきているような気がする。
平均で58人らしいですよ。
一日に58人も着てるなんて信じられないですね。
もちろん、その中にはリピーターの方も入っていますが58人なんです。

読んでくれている人がいてくれるから例えその日に間に合わなくても何か書きたいなと思い、キーボードを打つ俺がいるんだ。




やっぱ対局しないとなぁ・・・。
この記事へのコメント
エルロック氏の最新譜より
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼※◆┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┤
├┼┼┼┼●┼┼┼◇┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
黒◆のノゾキに 白◇と打った局面
白ここは100% ※にツグところ。

※は超急場です。
普通に打てばいいんです。


┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼★┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├※◆○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├○○●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┤
├┼●○┼●┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
黒◆の悪手を打ってくれたので、隅の2子が
取れたところ。
災い転じて福となった局面、チャンスだった

ここは※とアテるか ほっとくところ
へたに動いて隅が取られた。
ダメが詰まると、隅の特殊性で手が出来る好例
2子は取れていると勘違いしていたと思うけど
大失敗だった。

「ダメ詰まり」は要注意である。
特に1線のダメ詰まりは気を付けないといけません。
Posted by mayan at 2005年12月17日 16:10
囲碁は、「普通の手」を普通に打てるようになれば
十分初段と言えるでしょう。

ところが、普通の手がなかなか打てないんですね。
特に「守る手」は打てないことが多い。
守る手は得した気分にならないから、大場や攻めの手
に目が向いてしまうんですね。

守り過ぎはいけませんが、死活や大損する場合(先手で打たれるとか)はしっかり受けるようにしてください。
時には、相手の立場にたって考えるのです。

「強い石・弱い石」の判断、手の大きさの判断、逃してはいけない手の判断 など かなり甘いので実戦で鍛えてください。
今は、大事なところは手抜きするけど、不要な手を無造作に打ってしまうなど、チグハグな手が多く見られます。

「弱い石」を守って「強い石」に変えれば、強い戦い方ができますので、決して損なことはありません。

頑張ってください。
Posted by mayan at 2005年12月17日 18:28
【勝負で最も必要なこと】

スポーツも含め勝負事で最も必要なことは
 「負けて悔しい」と思う気持ち
 「次は絶対に勝つぞ」という向上心
これさえあれば絶対に強くなる。
この気持ちが無ければ、その時点で終わりである。
強くなるか否かは気持ち次第である。

実は、私は囲碁を始めて2年で辞めてしまった。
理由は小学生に負けたからである。(こっちも子供だったけどね)
その対局の途中で、その小学生は「勝ったな」と
私にはっきり聞こえるように言ったのである。今でも
その言葉を覚えている。
その言葉にキレタ私は、がむしゃらに打ちまくったが
結局差は開く一方であった。
その時以来、囲碁を続ける気持ちが萎えてしまったのである。
当時は将棋部だったんで、囲碁は二束のわらじだったんだけど、結局将棋も大して強くならなかったし、大学で囲碁部にでも入っておけば相当強くなったんではないかと今では少し後悔している。
そういえば将棋部と囲碁部は部室同じだったから、いつでも打てたんだよな!囲碁部は全国大会出場の常連だったから惜しいことをした。

その後は、職場で昼休みに打つことはあった程度で何十年も経ったしまった。
囲碁を再開したのは、ここ2〜3年である。すっかり弱くなってしまったし、頭が固くなってしまったから全然強くならない。
Posted by mayan at 2005年12月17日 20:28
エルロックさんのプログを見にくる人は、囲碁の上達を期待しているんですよ。

囲碁を打つ人にとって「初段を目指す」はほとんどの人が目標としているはずです。
しかし、途中で壁にぶつかって、なかなか上達しないのが実情です。
そんな人達はエルロックさんのプログを注目しているんだと思います。

頑張って初段を目指しましょう。
Posted by mayan at 2005年12月17日 22:43
>「ダメ詰まり」は要注意である。

この言葉もよく師匠から言われてますね。

私、師匠と対局しててよくダメ詰めでミスっちゃいます^^;。

「ダメの詰まりは、身の詰まり」とメールで言われたこともありましたね。
Posted by マッチー at 2005年12月18日 08:32
>mayanさん
今回の棋譜に関しては完全に見損じたというかなんでこんな手打っちゃったのかと反省しきりの内容でした。

普通の手・・・打てるようにならないとですね。
少しずつ変な手をなくすことで普通の手を打てるようになりたいと思います。

少しずつでも上達して読んでいる人にとっても楽しめる内容にしていければと思います。
今ちょっと更新も成長も微妙に停滞気味なので、ちょっと気合入れて頑張らないといけないですね^^;

>マッチーさん
ダメ詰まりは身にしみて気をつけないといけないと実感しまくりです^^;
何とかダメ詰まりに敏感になりたいです。
Posted by エルロック at 2005年12月18日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。