サンタクロース

囲碁ブログに似つかわしくない話題で書きます。

サンタクロースっていると思いますか?
こういう質問は昔から今まで変わらずに残っている質問かもしれません。

答えるとするならば「いない」と答えればよいのでしょうか?
いや、違うと思います。

昔のアメリカの新聞ニューヨーク・サンという新聞に8歳の少女から上記の質問が投げかけられました。

そこで記者は見事とも思えるような答えを新聞に掲載したのです。
その一部分をここに抜粋します。


サンタクロースがいるというのは、けっしてうそではありません。この世の中に、愛や、人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースもたしかにいるのです。
 あなたにも、わかっているでしょう。世界にみちあふれている愛やまごころこそ、あなたのまいにちの生活を、美しく、楽しくしているものなのだということを。
 もしもサンタクロースがいなかったら、この世の中は、どんなにくらく、さびしいことでしょう!
 あなたのようなかわいらしい子どものいない世界が、かんがえられないのとおなじように、サンタクロースのいない世界なんて、そうぞうもできません。
 サンタクロースがいなければ、人生のくるしみをやわらげてくれる、子どもらしい信頼も、詩も、ロマンスも、なくなってしまうでしょうし、わたしたち人間のあじわうよろこびは、ただ目にみえるもの、手でさわるもの、かんじるものだけになってしまうでしょう。
 また、子どもじだいに世界にみちあふれている光も、きえてしまうことでしょう。


このように愛や優しさといった目に見えないものが確かにそこにあるのと同じでサンタクロースも誰も見たことはないけれど確かにそこにいるものなのだといっているのです。

俺がこの話を聞いたときは『なんて素晴らしい表現なのだろう』と思った。
これ以上の表現があるのだろうか、と。

いや、もしかしたらどこかにあるのかもしれないので、もしあるのなら誰か教えてください^^;

そんなわけで聖夜に合ったお話でした。


クリマス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。