金八先生

今日は『3年B組金八先生』を見てた。

少年院から出てきて更正していく周。
それまで誰にも会いたくないという気持ちと周の卒業式をしたいという3Bメンバー。
なかなか面白そうな話ではあったんだけど2時間半じゃ短い気がする。

ちょっとだけ物足りないと思うのは俺だけだろうか。

大体救急車で運ばれた人はどうなったのかも定かではない。
具体的には言えない事情というものでもあったのかもしれないけどね。

まぁ、教訓的なこととしてドラッグはいけないことというのをもっと強く表現してもよかったとも思う。
この前のシリーズのときで散々言ってきたからいいとか、そういうことじゃなくダメなものはダメと強くアピールする必要がある。

クスリをやると社会復帰ができなくなるという話。
10人に3人が復帰するという話。
あそこの件は良かったと思う。
クスリをやった人を社会から追放するのではなく社会が支えるようになればきっともっとたくさんの中毒者が社会復帰を果たせると思う。

マッサージチェアを買うのに税金使うぐらいならこういうことに使えばいいのに・・・ってね。

金権体質とか税金のムダ使いとかがあるけど小泉首相が任期のうちにそういうものを吹き飛ばしてくれることに期待しておこうかな。

来年の日本はどういう道を辿るのか。

どうなるのかなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。