今日も中継

9時ぐらいから中継ルームに参加。
前田プロの解説を聴いて勉強中。(現在進行中)

とても面白い。

少しは棋力UPにつながる・・・かな。

中継というもの

今日(っていうか正確には10月15日の9時に)タイゼムで産経プロアマ大会の対局の解説を中継でやっていたので見てみました。
こういうのは初めてでプロがマイクで喋ってんの聴きながら碁盤を眺めていた。
まだまだこういうのがわかる棋力ではないのだけれど、楽しかった。
明日もあるみたいなので来れたら来て見たいと思う。

やっぱり・・・

勝てぬ。
あと何戦かやれば18級になります。
今思えばそれが適正級。
っていうか、何かもっと下の気がする。

すごいな、俺何級なんだろう。

2連敗

久しぶりのネット対局。
タイゼムで打ちました。
IDは結局前のやつを使うことにしました。

それで、結果はタイトルにあるとおり2連敗。
まぁ、2連敗ぐらいなら想定内というかいつものことだ。
10連敗ぐらいは多分やれると思う。(やりたくないけど・・・

はぁ、やっぱり成長してないな。
センスないのかもしれない・・・。

とりあえず、打って強くなっていくしかないなぁ。

いきなり迷う

タイゼムを利用することに決めて心機一転新しいIDで対局しよう!と思ったことを昨日書いたわけだけど、以前使ってたIDが今日になって見つかった。

どうしよう・・・こっちの方がいいかな。
以前使ってたID、久しぶりに見ると何か愛着があったりする。
不思議なものだね。

戦績自体は少なくて37戦しかしていない。
内訳は5勝32敗17級。
散々たるものだ・・・実力だからしょうがないか。

とりあえず以前のIDを使用しておこうかな、とも思いつつ再登録したやつは15日まで正会員扱いなんですね。

・・・迷いどころ。
両方使えばいいってことかなw

復活宣言・・・?

長い間更新がされていないという状態でしたが、何となく復帰のめどができてきました。

なのでこれまでの報告とこれからの予定を少し。

とりあえずこれまでの間、囲碁とどう接していたかというと・・・囲碁ブログを作って初段を目指す!なんて息巻いていたのにこの体たらくぶりはこのブログの更新が滞っていたことが指し示しています。
初級者なりにネット碁だと時間の都合上、一局が長くなると思い敬遠してPCの囲碁ソフトで感覚を忘れないようにしよう・・・と思ってたのですがなかなかそうもいかず、多分、今の棋力(棋力って言ったってたかがしれているけど)は更新が滞る前よりも低いと思います。
ある程度囲碁をやっていた人は長い年月が経っても腕は鈍らないとは思いますが、基本的に囲碁が自分の中にしみこむ前に時間だけが経ってしまい逆戻り。
初心に帰るという意味でもまた囲碁に取り組みたいと思ってます。

このブログができたのも振り返れば去年の10月。
対して前にも進んでない人間がいう言葉ではないのかもしれないけれど再出発をします。

とりあえずタイゼムで18級で再登録。
ネット碁を中心にした棋力向上を目指します。
来年こそは初段になる!を目標に頑張ります。
よろしくおねがいします。


追伸
祝・日ハム優勝!
次は日本シリーズだ。

関棋ネットがタイゼムに

さっき知ったんだけど4月10日から関棋ネットでの対局がタイゼムと同じプログラムで行われているそうです。

最近関棋で打ってなかったからなぁ。

いつの間にか4月

さて4月です。
エイプリルフールに何かウソの記事でも載せようかとも思ってましたが知らない間に4月1日が過ぎていたことに今気づいてしまいました。(今かよ

さて4月は新生活の季節・・・ということで携帯電話がVodaphoneからDocomoに変わりました。

え・・・囲碁と何も関係ないって・・・?
えぇ・・・そうですね。
iモードで囲碁の対局とかどうなのかなぁ、とも思ったんですけどさすがに携帯で19路はやってられませんよね。

でもそういうアプリってあるんでしょうかね。
あとでちょっと探してみようかな。

完成度まだ5%って感じ?

とりあえずホームページのインデックスにあるリンクは#のままだと紛らわしい感じがしたのでそれぞれにindex.htmlを用意しときました。

これでコーナー紹介は一通りできたかな・・・と。

あとは内容を少しずつ肉付けしていければと思います。

余談ですが、最近韓国語を勉強してみようかと画策中。
囲碁も盛んだしね。ちょっとだけ興味があります。
でも英語覚えたほうがいいんじゃないかってのもありますよね。

やっぱ、英語かな。

簡単にルールがわかるように

まぁ囲碁のホームページ作ったからには簡単にではあるけれどもルールぐらいは載せておこうかなと思ってまして、少しずつ作ってます。

言葉よりは図で見たほうが直感的にもわかりやすいと思うのでJavaアプレットの碁盤を使って説明しています。

ここをこうしたらいいんじゃない?やここは間違っているじゃないか的なことまで何かありましたらコメント残してもらえると嬉しいです。

ここも更新がかなりゆったりめになってしまったのでカウンタの数字も心なしかゆったりしているかもしれない。

まぁ、来てくれている人がいるだけでありがたいんですけどね。
そのためにも飽きさせない文章力が欲しいなぁ、と最近は特に思う。

うーん、文章力・・・よりも棋力を上げるほうが大事か。

仮設置

まだ全然できてないけどとりあえずメッセージ部分に書いてあるとおり骨格部分ができたのでアップロードしてみました。
暫定的な仮公開といった感じなんですけども、大体こんな感じになりますよ的なニュアンスのものなので閲覧してみてください。

コンテンツとしてはとりあえず見ていただければわかるかと思いますが、このブログでもいくつかとりあげたものを踏襲しています。

囲碁の腕前があれば講座サイトなんていうものもできたんでしょうけど私にはムリ。
囲碁の情報を伝えると共に発展させていくお手伝いぐらいしかできませんのでこういうスタイルのホームページになりました。


http://igodesyodan.nobody.jp/

ネーミングはちょっと自分としても微妙。
でもこのブログが元ともいえるのでわかりやすくていいかな^^;

サイト作り

そんな言うほど簡単なことでないのは周知の事実。

まずコンテンツが決まらないことには・・・。

何かアイディアがあったら欲しいところだけど・・・このブログを見てる人は2,3ヶ月前に比べると激減したのでいかんともしがたいところ。

それでも書いてもらえると嬉しいですけどね。

今のところ作りたいなぁ、ってのは・・・えぇと、自戦棋譜の晒しぐらいしかできない。

いや、そんな誰も見たくないもの晒してもねぇ。

何がいいかなぁ、考えないと。

あ・・・

タイゼムで打った日は昨日では無い(ぇ

囲碁講座

NHKの囲碁講座を見て勉強。

がんばれ、俺。

対局がどうも・・・

いまいちやる気というかやろうとか思わなくなっている。
したいという気持ちはあるのだけどね。

やっぱ十分に時間のあるときじゃないとできないというのがネックですね。
時間に追われると焦っちゃってダメだしね。

そういえばYahooにマージャンができたそうだ。
まぁ、いまのところやろうとは思わないけど。
というかオセロもやってないなぁ・・・。

とりあえず今は囲碁だ。
囲碁が強くなりたい。

うぉーーーーーーーーー(謎

NHKで新春囲碁打ち初め

そんな感じのタイトルの番組がやってたね。
まだ見てないけどね。
というのも録画してあるからなんだけどさ。

時間があれば明日見るし、無きゃ明日以降見る(何か後半は当たり前のことを書いているような・・・。

さてお正月をいかがお過ごしですか?

俺はね大晦日の夕方ぐらいから首が痛くてさ・・・。
今もまだ痛いままなので首曲げるのがやっとの状態。

何か去年も大晦日と正月は首痛かった気がする。

何なんだろう・・・。

不思議ですねぇ・・・。

新しい年

みなさま明けましておめでとうございます。

今年も当ブログにお付き合い下さいね^^

さぁ、そんなわけで今年はどんな年にしようか・・・ということは昨日の記事に書いてあるので重複してもしょうがないんで書きません。

今年もみなさまの囲碁ライフが益々発展していくことを祈りつつ今日はこれで終わりとします。

2005年は終わり

さて残すところ2005年もあと10時間といったところ。

今年は自分としては色々あった。
新しいことにも挑戦した。
囲碁もその一つともいえる。

今年一年を総括してみると、どうだったのだろう。

とびきり良い年かというと『う〜ん・・・』と思うし、じゃあ悪かったのかというと『う〜ん・・・』と昨日のQちゃまの山本のときの欠席裁判かよ、と自分で自分にツッコミを入れてしまいたくなる一年だったのかもしれない。

でもブログを始めたということは自分のなかでとてもプラスだったと思う。

一人で囲碁をやってても途中で投げ出していたかもしれないからだ。

来年もこの感じを大事にして飛躍の年になればと思う。
そのためにも一日一日を大事にしていきたいなぁ。

やりたいことは山ほどある。

終わってみて今年はすごく頑張ったな、と思える年にしたいね。

そんなわけで2005年の投稿もこれで終わり。

みなさま、良いお年を。

囲碁リング参加

囲碁の好きな人がここに来やすくなる様になればと思います。

天元奪取

碁界のニュースを一つ。
12月20日に徳島市で行われた第31期天元戦第5局にて白番の挑戦者河野臨七段が山下敬吾天元に勝ちタイトルを奪取しました。

俺は個人的に山下敬吾前天元を応援していた。
というのも同じ北海道出身の棋士で年も少し近いものがあるのでね。
だからこの結果を聞いたときは少し残念でもあった。

でも河野臨七段は24歳という若さでの初タイトルを取ったのはこれからの囲碁界を盛り上げていく出来事として嬉しくも思う。

やっぱり盛り上げていくのは若い世代の役割だと思う。
だからといって若い世代だけの世界になってしまっては面白くも無いとも思う。

何はともあれ来年の囲碁界が今年以上に飛躍の年でありますように。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。