ネット棋院

(有)ネット棋院が運営するインターネット囲碁対局サイト。
会員は有料と無料があります。
対局は専用ソフトを使って行います。
無料会員だと観戦しかできませんのでご注意を。

以下はサイトからの抜粋

プロの公式対局に対応する極めて高度な設計方針により開発された世界で唯一の本格的なインターネット囲碁対局です。

日本囲碁ルールの精緻な終局処理に完全対応し、あらゆる着手トラブルを防御するプロフェッショナル着手機能、更には対局全般にわたる対局管理機能により、、ネット上でありながら公正な真剣勝負が行えます。

また、公式対局室では、世界唯一の完璧な対局自動セッティング機能により、煩わしい対戦相手探しが不要であり、対局相手を見ての不快な対局拒否もありません。

更に、回線切れ対策は勿論のこと、意図的な勝敗不合意にも万全な対策が施されており、ネット棋院対局は快適であるだけでなく会員不和を発生することがありません。

そして、音声による対局アナウンス、秒読み機能により、臨場感の溢れる実対局そのままの最高のネット対局がご堪能できます。

ネット棋院
http://www.net-kiin.com/

パンダネット

IGSというインターネット碁サーバベースのTelnet型の有料インターネット碁会所。
完全に有料ということもあってかマナーは良いそうです(会員じゃないので知りませんが^^;
プロも多数参加しているとのことです。
対局は専用ソフトを使用します。
またサービスも豊富で例として
・実戦詰碁「死活ナビ」
・基本定石検索
・指導碁
・詰碁道場
・棋譜添削 「白江塾」
・ 名人戦名局百選
など他にも多数用意されています。

無料サービスとしては
対局観戦やメールマガジン、懸賞囲碁クイズなどもありますので有料ネット碁会所かと思わずに一度見てみるのも良いかもしれません。

ちなみに海外のIGS会員は無料だそうです。
う、羨ましい・・・w

パンダネット
http://www.pandanet.co.jp/index.htm

WWgo

東芝情報システムが運営しているJavaを使用した対局サイト。
利用は無料のフェローシップサービスと有料のアソシエイトシップサービス、メンバーシップサービスがある。
無料登録の場合は自由対局のみ可能です。

また他のサービスとしてはWWgoが開催するイベントの棋譜も自由に見れます。

WWgo
http://www01.tjsys.co.jp/jp/

KGS

棋聖堂が運営しているインターネット囲碁サーバ。
利用は無料です。
特徴としてはレーティングによって段級位が変動するタイプ。
ゲスト会員だと棋譜は残らないけど登録するのも無料なのでそこはあまり問題にならないかな。
登録するときの項目も他のサイトに比べると少なくて簡単。

専用クライアントソフトとJAVAアプレットを使用する方法で接続できます。
できればクライアントソフトで接続したほうが使いやすいんじゃないかと思います。
でも、そういうのは環境によるので自分に合った方法がいいですね。

世界中から集まっているらしくどの時間帯にも適度に人がいるようです。

KGS
http://kgs.kiseido.com/ja_JP/

関棋ネット

関西棋院が運営するネット対局場。
将来的には有料サービスが始まる予定らしいですが、今はゲスト登録ということで無料で囲碁が打てます。
対局ソフトは不要でJavaアプレット対応のブラウザ(推奨は多分IE)が必要です。

サービスとしてポイントが溜まるとプロの指導碁が受けれるというのが大きいですね。
棋力の範囲は30級からあるので碁を覚え始めた人でも楽しめると思います。
かん太郎くんというボットも相手をしてくれますので使い方や囲碁の打ち方を含めて覚えることができると思います。
また9路や13路でも昇降級戦ができるというのも珍しいかな。
4子以上の置き碁だと白が負けても成績に反映されないというのも良い点の一つだと思う。
あとリーグ戦というのも行われています。

行ってみた感想としては同時接続者が以前紹介したタイゼムなどと比べると少ないかなぁ、とも思えますが打ちやすいという感じはあります。


関棋ネット
http://kanki.net/

関西棋院
http://www.kansaikiin.jp/

幽玄の間

日本囲碁界の総本山『日本棋院』が運営する有料&無料対局サイト。
有料会員と無料会員の2つがあります。
当然無料会員には制限があります。その制限が別に苦にならないと感じるなら良いんでしょうが、やはり有料会員は優遇されまくりです。(それはしかたないね。

外観は専用ソフトを使っているので綺麗です。
サービスとしては指導碁とかプロに聞くなんてのがあるのですが、当然無料会員は使えません^^;
国際レーティングというものを採用しています。
これにより段級位認定ができるそうです・・・が、これも有料。

月額払って囲碁を打ってもいいと言う人にはここは良いかもしれません。

え、俺?俺は無料対局サイトしか利用しない輩なので向いてないんで今は利用してません^^;

段とったらね、有料サイトとかで打つと面白いのかなぁって思うんだけどね、まだまだこの実力じゃ行けません_| ̄|○


幽玄の間
http://u-gen.nihonkiin.or.jp/

Yahoo囲碁

知らない人は居ないんじゃないかいうほどの知名度を有するインターネットのポータルサイト『Yahoo! JAPAN』
そんなかにあるYahooゲーム内の囲碁を紹介。

無料で対局できます。専用ソフトは必要なくブラウザによるJavaアプレットの碁盤で打てます。
必要なのはYahooIDだけってのが楽ですね。
碁盤はちょっと板チョコっぽいのが難点ではありますが。
そこはそこ、気にしなけりゃ言いだけの話です。

棋譜をメールで送信するサービスもあります。またレーティングによって強さを見分けることができます。
悪いところとして指摘されているのがマナーの悪い人がちょっと多いかなってところ。
俺としては挨拶無しがマナー悪いとはそんなに思わないけど(そりゃ無いよりあったほうがいいんですけどね)終局とかはマナーは守って欲しいですね。
マナー悪い人のことはチーターというらしいです。なんでチーターというのかは知らないんですけどね。多分英語だから、そういうことを表す単語なのでしょう(動物のチーター・・・ではないと思う)

誰かわかる人居たら、ここに書いて貰えたら嬉しいです^^;


ヤフー囲碁
http://games.yahoo.co.jp/games/login?game=Go

WING

ボランティアで運営されている無料のインターネット碁会所。
JAVAベースのブラウザ(茶゛碁=JaGo)を使って対局、または専用ソフト(naGo)を使っての対局が可能となっています。

前回紹介したタイゼムと比べると人数の差があるかな。
100人前後ぐらいだと思います。

良いところとしてはMacOSの方でも遊べるというところでしょうか。
なかなかMacでネット碁打てるところって少ないらしいので、Macを使っている方でネット碁したい人はここにくると良いでしょう。

難点としは使いづらいという感じもないわけではないというところ。
コマンドとか覚えなきゃいけなかったりするわけです。多分慣れたら便利な機能ではあると思うんですけどね。
ただ対局するだけならさほど難しくはないと思います。
naGoならそういうとこ使いやすくされているのでその点も踏まえた上でもお勧めです。

WING
http://www.wing.gr.jp/

naGo
http://homepage1.nifty.com/JBC01223/index.html

タイゼム

韓国の棋士『李昌鎬(イチャンホ)』と『犒溢・チョフニョン)』が作ったサイトとトップに書いてあるサイトです。
二人ともとても有名な棋士ですね。なんせ囲碁にあんま詳しく無い俺でも知っているぐらいだからね。

ここは基本的に無料で対局できるサイトです。現在俺が利用しているサイトでもあります。
でも、もしかしたら有料化されてしまうかもしれませんので無料で打てるうちに利用してみてはいかがでしょうか?

独自の対局ソフトを利用しての対局となりますので外観なんかは綺麗で使いやすいですよ。
また対局以外に詰め碁も用意されていますのでそちらを利用してみても良いかもしれません。
今のところ詰め碁を解いて得るポイントの使い道はわからないのですが、今後新しいサービスが出たときに使えるのかもしれません。

また懸賞対局なるものがありまして、それは自分以外の人が対局している手合いにどっちが勝つか賭けるものです。
高段位者同士の対戦を見つつ懸賞で遊ぶという感じで使うのでしょうかね。
なかなかに楽しもうと思えば楽しめる機能があります。

基本は韓国のサイトということもあってか利用者は韓国人の方が多いようです。
まぁ、接続人数が多いので相手に困ることは無いと思います。

タイゼム
http://www.tygem.com/mainJP.asp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。